進路指導・進学実績

進路指導

夢を確かな目標へ。進路達成へと導く的確な指導。

基礎学力を身につけながら、発展的学習などで大学受験の土台をつくり、将来の可能性を大きく広げるための中学3年間。そして、自分の適性を自覚し、学部・学科を絞りこんで進路を決定する高校3年間。6ヶ月進路プログラムにより、目標進路達成へとつなげていきます。

進路指導プログラム

夏期宿泊研修

この研修は、集中的に学習をして苦手な科目の克服、得意科目の発展を目的に学習の意義を考え直す期間です。また、自然体験を行ったり、文化遺産に触れ、都会では出来なかった体験をしながら、集団行動の大切さも学びます。

キャリアガイダンス

中学校では基本的生活習慣を修得し、社会での仕事の意義や大切さを学びます。学習面では自然や社会の機能を勉強しますが、これを実際に体験するのが、キャリア教育でもあります。また、学習面では学べない、道徳観や協調性の大切さを体得します。

大学・専門学校バス見学会

毎年高校1~3年生の大学・専門学校進学希望者に対しては、直接大学や専門学校を訪問し、大学・専門学校から様々な説明を聞き、上級学校そのものを体験し、受験に対する心の準備や、オープンキャンパスの参加の準備とします。

公開会場大学入試相談会

進路学習の最終段階として入試相談会があります。第一志望の大学などに現在の自分の持っている能力を最大限に生かした入試方法は何か、又入学してから自分の学びたいことがどのようにしたら実現するかなどの貴重な情報を確実に入手できます。

学校長面接

高校3 年生の5月末から5週にわたり、校長自ら面接指導を行います。生徒一人ひとりに懇切丁寧な質疑応答が、20分程続きます。生徒は準備として自分の高校3 年間のまとめを行い、受験に向けて行うべき努力が何であるかを再確認します。

SHUTUBU